オタク日記
(Mac と Linux, 2018Q2)

目次

2018-05-28 (Mon): 今更ながら High Sierra に (その 2)

古い日記:
2018Q1  
2017Q4   2017Q3   2017Q2   2017Q1  
2016Q4   2016Q3   2016Q2   2016Q1  
2015Q4   2015Q3   2015Q2   2015Q1  
2014Q4   2014Q3   2014Q2   2014Q1  
2013Q4   2013Q3   2013Q2   2013Q1  
2012 年   2011 年   2010 年   2009 年   2008 年   2007 年  
2006 年   2005 年   2004 年   2003 年   2002 年   2001 年


2018-05-28 (Mon): 今更ながら High Sierra に (その 2)

MacBook Air に入れる

我が家の MBA は、mid 2010 モデルで、とっくに macOS のアップグレードは諦めていた。しかし、前にも述べたように、 Keynotes のファイルが開けなくて大騒ぎするという事件が—— High Sierra 上の Keynotes.app の最新版で作った文書を、MBA (Yosemite) の Keynotes では開けなかったのだった。そこへもってきて、 この MBA でも (二段飛しで) High Sierra へならアップグレードできる、 と分って、俄然色めき立つ。

一番の懸念事項は、MBA のメモリで、実は 2GB しかない……。Yosemite の時は、Wireshark やその他のメモリ食いの App を使わなければ、まあ何とか動いたが、 High Sierra だとどうかな、と。 でも一方で、件の「開けない .key ファイル」のような「置いてけ堀」状態が亢進するのも嫌だな。

という事で、断然とは行かず、おそるおそるアップグレードに踏み切った。

アップグレード自体は、然程問題は無かった。 ただそれも Mac-mini の「しょっちゅうストールしてしまう」 に比べたらの話で、進捗がどうも「つかえつかえ」だった。 ("remaining time" が全く当てにならない、とか、 何度もリブートする、とか。)

システム

WiFi のパフォーマンスは従来通り

元々 MBA の WiFi の感度はとても良かったが、 OS アップグレードでも変化は無かった。つまり 2.4G で -92 ~ -88 dBm 程度。 (若干改善されているような気もするが、 変動の範囲を考慮するなら、誤差の範囲だろう。)

フォント

System Font, ヒラギノ角ゴ、等についての変更とその対策は、Mac mini と同じ。

組み込みアプリ

Terminal.app

これについては、Mac-mini と全く同じ。Window や Tab の間の選択を (番号を指定するのではなく) サイクルスルーでやる、というのは、MBA の場合は開く Window や Tab の数が少ないので、よりあっさり慣れる事ができた。

Xcode

Xcode や Command Line Tools のアップグレードは何も問題が無かった。 Command Line Tools だけインストールしてやろう、 とジタバタしなかったのが良かったのかも。

Mail.app

アップデートはされていて (-11.4)、IMAP で読むのは問題ない。Mac-mini で、大分苦労した送信 (SMTP) サーバの指定については、まだ確認できていない。

その他のアプリ・環境

MacPorts

Command Line Tools のインストールに四苦八苦しなかったのと、 もともと、MacPorts で入れているパッケージは然程多くないので、 殆んど問題なく再インストールが完了した。

AquaSKK

これは、OS のアップグレードの前から最新版 (-4.4.6) になっていたので、 Mac-mini でやった「すったもんだ」は無かった。問題無く動いている。

Memory Pressure

「メモリは足りるか」が最大の懸案だったので、ブートしてすぐ、Activity Monitor の Memory で確認してみた。Terminal.app, EmacsMac.app, AquaSKK だけで、メモリのグラフはオレンジ (pressure が要注意) になっていて、ちょっとがっかり。 それでも、追加で、Firefox, LTspice, Keynotes 等は問題なく起動でき、 普通にレスポンスしてくれるようだ。

Activity Monitor (Memory)
High Sierra での Memory Pressure

当初の懸念は杞憂だったか、と安心して、普通に使っていたのだが、ある時、 急にレスポンスが悪くなり、Window の表示まで不安定になった事がある。 慌てて、Acitivity Monitor を開いてみたら、Memory Pressure が赤になっていた。どうやら、Firefox で Tab を大量に開いたまま操作していると、 メモリ使用量がどんどん増えるという問題のせいらしい。

Activity Monitor (Memory)
High Sierra での Memory Pressure

但し、単調に増えていって「アウト」になるのではなくて、そのうち swap out されて、またオレンジに戻るのだが、 それでも、その間レスポンスはかなり悪くなっている。 なので、これは小まめに App (特に Firefox) を Quit するに限るだろう。

App Store/Update

という事で、2GB という乏しいメモリ、1.4 GHz の Core 2 Duo という非力な CPU でも、まあなんとか使えていた (少くとも Yosemite より厳しくなってはいない) ……

と思っていたのだけど、一月程経って奇妙な事に気がついた。 Mac-mini の方は、その間かなり頻繁に Update/Upgrade が有ったのに、 MBA は全くそれが無い。いや、正確に言うと、App Store で (自動でも手動でも) update 可能な App を捜しているうちに time out してしまっている。 それを update が無いんだと誤解していた。

さらによく見ると、Launchpad では、Keynotes, Numbers, Pages を含むいくつかの App で (インストールの?) progress bar がついている。また、一方で App Store の Update では、 Keynotes, Numbers, Pages 等がアップグレード済みになっている。 どうやら、App Store と Mac の間で「バージョン管理」が矛盾したものになっているようで、 App Store で、update しようとすると、それらの update が始まり (実体は既に有るので) timeout になってしまう、という事のようだ。

こんな事は初めてなので、少々迷ったが (実は内心パニック) 結局、App Store で当該 App を言いなりで Start もしくは Install すれば、この矛盾は解消されるみたい。 (なんだかなぁ、お願いしますよ Apple さん。)

これが解消されれば、App Store の "Check for Updates" は程なく終了して、macOS Update (10.13.5), Command Line Tools, iTunes 等の大物が表示される。早速、update を実行。例によって、何回かの reboot を含む 1 時間あまりのアップデートになりました。


317/1,193,166 Valid CSS! Valid HTML 5.0
Taka Fukuda
Last modified: 2018-06-12 (Tue) 18:51:49 JST